東北新幹線盛岡~新青森間、最高速度260km/h→320km/hへ 計画概要まとまる 上野~大宮間も130km/hに引き上げ

2020.10.06

画像:JR東日本

JR東日本は6日、東北新幹線の盛岡~新青森間の最高速度を現行の260km/hから320km/hに引き上げると発表した。所要時間は最大で5分ほど短縮される。

騒音対策などの必要な設備整備の工事には2020年10月から着手予定。工事期間は2020年10月からおおむね7年程度としており、吸音板の設置や防音壁のかさ上げ、トンネル緩衝工の延伸などが予定されている。

また上野~大宮間の埼玉県内でも、現行の110km/hから130km/hへ最高速度を引き上げ、所要時間を最大1分程度短縮する。こちらは2021年春にダイヤ変更を予定している。

鉄道チャンネル編集部


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです