東京~新函館北斗間「最速3時間55分」、青函トンネル区間 時速210km運転のダイヤイメージ

2020.10.14

青函トンネルと北海道新幹線H5系イメージ 写真:T2 / PIXTA

JR北海道は今年度の年末年始に青函トンネル区間で時速210kmの営業運転を実施し、東京~新函館北斗間を最速3時間55分で結びます。

JR北海道が発表したダイヤイメージは↓↓↓

画像:JR北海道

時速210kmで青函トンネル区間を走るのは、5日間で上下計14本。全ての列車で3分短縮しますが、3時間55分で東京~新函館北斗間を結ぶのは最速達列車である「はやぶさ7号、13号」のみです。

函館~新函館北斗駅間を結ぶ「はこだてライナー」も、新幹線と接続する一部列車(11本)については時刻を変更し、一部の列車は発車時刻を早めます。

画像:JR北海道プレスリリースより

鉄道チャンネル編集部

【関連記事】
北海道新幹線 青函トンネル内初の210km運転 今年12月31日から来年1月4日まで
https://tetsudo-ch.com/10765631.html


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです