大井川本線、1月から本復旧工事 一部区間でバス代行実施

2020.12.04

大井川鐵道 SLイメージ(そら / PIXTA)

大井川鐵道(静岡県)の大井川本線は、令和2年7月の継続的な大雨の影響により、7月27日(月)に金谷駅起点28.8kmの大井川護岸(下泉駅~田野口駅)が損傷した。

8月28日(金)より仮復旧で全線運転を行ってきたが、同社は2021年1月より同地点の本復旧工事に着手する。

これにともない大井川本線では一部区間でバス代行を実施。SL列車「かわね路号」の運転にも影響が出る。

全線、鉄道での運転再開は3月20日(土)予定。工事期間中も井川線(千頭駅~井川駅)と寸又峡線・閑蔵線路線バスはダイヤどおり運転する。

大井川本線普通電車

2021(令和3)年1月4日(月)~3月19日(金)にかけて、金谷駅~下泉駅間は電車による運転とし、下泉駅~千頭駅はバス代行を実施、井川線・寸又峡温泉方面への足を確保する。

SL列車「かわね路号」

2021(令和3)年1月9日(土)~3月14日(日)までの土日祝日に、新金谷駅~家山駅間を運転。

新金谷駅 11時52分発 (家山駅 12時20分着)
家山駅 14時59分発 (新金谷駅 15時27分着)

家山駅~千頭駅間はバス代行。新金谷駅~千頭駅の運転再開は3月20日(土)予定。


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです