「河口湖駅」に副駅名<富士河口湖温泉郷>導入へ 記念入場券セットも販売 富士急行

2020.12.14

イメージ写真:富士急行

富士急行は2020年12月18日(金)より、富士山・富士五湖観光の玄関口である富士急行線「河口湖駅」に、副駅名「富士河口湖温泉郷(ふじかわぐちこおんせんきょう)」を導入すると発表しました。

副駅名は地元の要望に応え導入するもので、河口湖駅がある富士河口湖町が温泉地であることをアピールし、同駅を中心とするエリア全体のイメージアップ・観光誘客を図ります。

「富士河口湖温泉郷」は1992年、河口湖北岸で開削され開湯。5つの良質な源泉と富士山を間近に望むロケーションを強みとし、現在では40軒以上もの旅館やホテルが並びます。

また河口湖駅では、町が進める「富士河口湖温泉郷 足湯プロジェクト」の一環として、11月7日(土)より構内に足湯をオープン。誰でも無料で利用できる足湯を町内の公園や富士山の展望地など全9カ所に整備していきます。

副駅名導入にともない河口湖駅構内の売店「Gateway Fujiyama 河口湖駅店」では、 蒸したての温泉まんじゅうを始めとする新商品も多数登場予定。公式オンラインショップ「富士急のりもの百貨店」、富士山駅、河口湖駅では、同日より「河口湖駅副駅名設定記念入場券(4枚セット)」を販売。価格は税込800円。

河口湖駅副駅名設定記念入場券セット 画像:富士急行

鉄道チャンネル編集部


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです