東海道線や横浜を愛する人は必携!? JR横浜駅エコバッグ&ティッシュカバー、数量限定販売

2021.02.24

ヘミングスは、JR東海道線 横浜駅 の駅名標をイメージしたエコバッグとポケットティッシュカバーをコンシェルジュ・オンラインストアと有隣堂書店 横浜西口ジョイナス店で発売する。

「横浜駅ポケットティッシュケース」は880円、サイズは W13×H8.5cm、素材は綿、日本製。ティッシュカバー表面に上り側の駅名標、裏面に下り側の駅名標をプリントしている。

また、横浜駅のスリーレターコードYKH、駅ナンバリングJT05(JT:東海道線 05:横浜駅の番号)もプリントしている。

エコバック「HUNGBAG “BENTO” 横浜駅」は2090円、サイズはバッグ本体W33×H43×D17cm、収納時はW4.5×H7.5cm。素材はナイロン(洗濯可)、耐荷重6Kg、中国製。

収納袋の前面は、駅名標を再現したデザイン。こちらもJR東海道線を意味する路線番号「JT」や、アルファベット3文字のスリーレターコード「YHM」が忠実にプリントされている。

またバッグ本体には駅名「YOKOHAMA」の刺繍と駅名標に使われているカラーのパイピングを施している。

「横浜駅のスリーレターコードや駅ナンバリング、じっくり見たことありますか? 毎日使っている駅でも、じっくり見ることは少ない駅名標。ディテールまですべて再現しているため、普段なかなか気づかない部分までじっくりと観察できます」(ヘミングス)

同社はこれまで、JR山手線とのコラボレーション第1弾 駅名標ティッシュカバーtente(テンテ)、第2弾の駅名標ポケットティッシュケース、第3弾エコバッグ「HUNGBAG」と、山手線全30駅の駅名標を忠実に再現したコラボアイテムをリリース。

鉄道ファンをはじめ、コレクター心をくすぐるアイテムとして話題に。今回、特別版として限定販売するのは、横浜駅の駅名標を再現したコラボの第2弾。


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです