21年春は「聖徳太子」がテーマ! JR西日本「ちょこっと関西歴史たび」キャンペーンレポート

2021.03.20

聖徳太子が創建した寺、法隆寺

JR西日本では2021年3月20日(土・祝)から6月30日(水)まで、「ちょこっと関西歴史たび  聖徳太子 1400年御遠忌」キャンペーンを開催します。今回の記事では、一足先に体験したその内容と見どころをご紹介します。

関西の歴史を楽しめる「ちょこっと関西歴史たび」

「ちょこっと関西歴史たび」は、JR西日本が季節ごとに開催しているキャンペーン。「歴史を知ると、散策がさらに楽しくなる」をテーマに、沿線地域と連携してさまざまな特別企画を行っています。

2021年春のテーマは、聖徳太子の没後1400年の御遠忌(ごおんき)。大阪府にある四天王寺、愛染堂勝鬘院(あいぜんどうしょうまんいん)と、奈良県にある法隆寺、達磨寺、信貴山朝護孫子寺(しぎざんちょうごそんじじ)、合わせて5つの聖徳太子ゆかりの寺院でガイド付きツアーや名宝展、特別御開扉などの企画が実施されます。

今回はこの5つの寺院の中から、奈良の法隆寺と大阪の四天王寺を訪れました。

奈良と大阪を結ぶ大和路快速。キャンペーン参加時にはこの路線が便利

次ページボランティアガイドで「法隆寺」を深く、濃く知る


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです