SuicaやICOCAで支払い! サイゼリヤ全国900店舗すべてで交通系ICカードが利用OKに、三井住友カード「stera terminal」導入

2021.05.06

イタリアンレストラン「サイゼリヤ」(本社:埼玉県吉川市)は、三井住友カードが提供するオールインワン決済端末「stera terminal」を約900店舗へ順次導入。サイゼリヤ全店でキャッシュレス決済環境の整備が完了した。

三井住友カード「stera terminal」は、一台で Visa・Mastercard などのクレジット、Visaのタッチ決済など非接触IC、交通系電子マネーなどでの決済が可能なオールインワン端末。

交通系ICカード取り扱いブランドは、Kitaca(JR北海道系)・Suica(JR東日本系)・PASMO(パスモ系)・TOICA(JR東海系)・manaca(マナカ系)・ICOCA(JR西日本系)・SUGOCA(JR九州系)・nimoca(西鉄系)・はやかけん(福岡市交通局系)。

客むけディスプレイはPIN(暗証番号)や電子サインで利用でき、スタッフむけディスプレイは決済に関する入力のほか、通常のAndroid端末として操作できる。

両ディスプレイともにタッチパネルに対応し、客と従業員がカード受け渡しすることなく、客自身で決済でき、新型コロナウィルス感染症対策としても安心、かつスピーディーに支払える。

鉄道分野にも入り込む「タッチ決済」

この三井住友カードのキャッシュレス決済システムは、鉄道分野にも入り込む。

たとえば、南海電鉄は今年度、一部の駅で「Visaのタッチ決済」と「QRコード」による入出場の実証実験を実施する。

また、京都丹後鉄道は「Visaのタッチ決済」を本格導入し、均一運賃(1回券・1日券など)だけでなく、車両の GPS を活用することで距離制運賃(距離にもとづき変動する運賃)の決済も可能にしている。

◆国内鉄道初 Visa タッチ決済で列車乗降! 京都丹後鉄道で11/25から、距離制運賃にも対応
https://tetsudo-ch.com/10928001.html

◆南海電鉄の改札機で「Visaのタッチ決済」「QRコード」利用の実証実験 2021年春から
https://tetsudo-ch.com/11036044.html

◆鉄道業界にモバイルICカード旋風 PASMOのApple Pay対応スタート、JR西は2023年春に「モバイルICOCA(仮称)」開始 狙いは鉄道のさらなる業務効率化と市中進出!?
https://tetsudo-ch.com/10832537.html


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです