横浜高速鉄道みなとみらい線に横浜赤レンガ倉庫開館15周年記念ラッピング列車を運行

2017.03.09

sub1 (1)
横浜高速鉄道と横浜赤レンガ倉庫は、横浜都心部への来街者誘致や、地域活性化を目指す地元企業として、 横浜を代表する観光スポットのひとつである横浜赤レンガ倉庫の認知度向上と、みなとみらい線沿線の魅力アピールという目的で一致、2017年3月19日(日)から 2018年3月までの期間、横浜赤レンガ倉庫開館15周年記念ラッピングトレインの運行を共同で実施します。
main
ラッピング列車のデザインには「港の賑わいと文化を創造する空間」を事業コンセプトとする、横浜赤レンガ倉庫の特徴である温もり(♡)、輝き(☆)、驚き(!)、賑わい(♪)を表現した15 周年ロゴが用いられています。
sub2 (1)sub3 (1)sub4 (1)sub5 (1)
運行には横浜高速鉄道のY500系車両2編成が使用されます。みなとみらい線だけではなく相互乗り入れ線区の東急東横線、東京メトロ副都心線、西武有楽町線・池袋線・狭山線 東武東上線などでもこのラッピング列車が見られることになります。こんなに広い範囲を走るラッピング列車も珍しいかもしれませんね。

※画像は横浜赤レンガ・横浜高速鉄道共同リリースより


LINEで送る

オススメ記事