JR東海 新幹線車内 駅構内の音声案内にReadSpeaker 音声合成、4か国語に即時対応

2021.08.12

JR東海の新幹線車内と駅構内案内の音声には、アドバンスト・メディア社「多言語翻訳アナウンスサービス」と連携したReadSpeaker(HOYA MD部門)の音声合成(text-to-speech, TTS)が採用されている。

JR東海に採用されたアドバンスト・メディア社の「多言語翻訳アナウンスサービス」は、音声認識、またはタッチで4か国語(日・英・中・韓)の翻訳結果の呼び出しが可能で、新幹線車内と駅構内に、高音質な音声合成によるアナウンスができる。

また、この「多言語翻訳アナウンスサービス」にReadSpeakerの音声合成ソフトが搭載されている。

このReadSpeaker 音声合成ソフトをアプリに組み込むことで、定例の案内放送だけでなく、状況によって変化する案内放送を即時に音声でき、さまざまなシーンに音声で対応できるようになった。

またReadSpeakerは多言語に対応し、日本語と外国語の両方で案内もできる。

さらに、ReadSpeakerのシンプルなAPI群は、言語・話者を問わず共通化されており、効率良くかつスピーディーな開発を実現。

テキストデータからかんたんかつ動的に音声を作成でき、さまざまなテキストを即時に声としてユーザーに伝えられる。

ReadSpeakerの音声合成ソリューションは日本国内をはじめ、アメリカ、ヨーロッパなどで展開中。IVR、車載機、AI対話サービス、放送、Web読み上げサービスなどの用途で活かされている。

<鉄道チャンネル 関連記事>

◆951形山陽新幹線用試験電車もテストした模擬試験装置が日本機械学会機械遺産に
https://tetsudo-ch.com/11690124.html

◆京王電鉄 駅構内 自動放送 音声、ReadSpeaker を採用
https://tetsudo-ch.com/10510147.html

◆山陽電鉄の日本語 英語 多言語放送はHOYA製 ReadSpeaker、異常時の案内も多言語化
https://tetsudo-ch.com/11206906.html


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです