8/14~28開催バーチャルマーケット6にJR東日本が出展、バーチャル秋葉原駅にいろいろ登場!

2021.08.13

JR東日本は、VR法人HIKKY が主催するバーチャルマーケット6(8月14~28日開催)に出展。バーチャル秋葉原駅を舞台に、ちぃたんやエヴァンゲリオンなど、VRでいろいろ登場する。

バーチャル秋葉原駅では、実在する駅のように改札を通過したり、電車に乗ってVR世界をめぐれる。

また、エヴァンゲリオン、ちぃたん☆、ホロライブの人気キャラクターが空間を彩るなど、「Beyond Stations構想」がめざすリアルとデジタルを組み合わせた新体験を体感できる。

さらに、バーチャル秋葉原駅構内に登場するモザイクアートを、実在するJR秋葉原駅構内でも期間限定で掲示。リアルとバーチャルの双方で展開していく。

本物さながらの駅利用体験

実在する秋葉原駅をもとに制作された「バーチャル秋葉原駅」が登場。

Suicaで改札を通ったり、自動販売機で飲み物を買えたりするだけでなく、電車に乗ってVR世界を回ることができる。

また、バーチャルマーケット開催期間中、実在する「秋葉原駅」と「バーチャル秋葉原駅」の両会場で、バーチャルクリエイターの写真を集めた同一のモザイクアートが展示される↓↓↓

エヴァンゲリオン×バーチャル秋葉原駅

そしてバ―チャル秋葉原駅前に、エヴァンゲリオンの3Dモデルが登場!

零号機、初号機、2号機、第4の使徒がそびえ立つようすは圧巻そのもの。フォトスポットとしても楽しめる。

また、ニューデイズの内装が、ちぃたん☆のおままごと部屋に。ユーザー自身がちぃたん☆に変身できたり、かわいい動きを体験できたりする機能もある。

ホロライブ×バーチャル秋葉原

実在する秋葉原駅で8月1日~15日まで行われている、「ホロライブ夏祭り×アトレ」の広告ジャックをバーチャル秋葉原駅で再現。

見逃してしまった人もバーチャル秋葉原駅で8月28日まで楽しめる。

また駅構内では、ホロライブのLIVE映像が流れ、駅構内でLIVEを楽しむという、バーチャルならではの新体験が体感できる。

―――バーチャル空間上にある会場で、アバターなどの様々な3Dアイテムや、リアル商品(洋服、PC、飲食物など)を売り買いできる世界最大のVRマーケット「バーチャルマーケット6」の詳細は、公式ホームページをチェックしてみて。

<鉄道チャンネル 関連記事>

◆日本企業と米シリコンバレー最先端技術をつなぐ「野村SRIイノベーション・センター」が始動、次の革新を生む事業パートナー探しを支援
https://tetsudo-ch.com/11618977.html


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです