小湊鉄道線 馬立~上総牛久 路盤崩壊現場の復旧工事続く、線路撤去し鉄杭打ち込みや大型土のう

2021.09.16

里見~上総中野が8月21日に運転再開、残る馬立~上総牛久の10月中旬ごろ運転再開をめざし復旧工事が続く小湊鐵道。

現在、五井~光風台、上総牛久~上総中野の2区間にわけて運転しているなか、馬立~上総牛久の路盤崩壊現場の復旧中の画像を公開している。

路盤崩壊現場は、馬立駅から上総牛久方面へ500メートルほど行ったところ。用水路の上に架かるガーダー橋の手前の路盤が用水路側に崩れ落ちていた。

この崩れ落ちた路盤付近の線路をいったん撤去し、盛土を深く掘り、縦に鉄杭を打ち込む作業の光景がみえる。また、用水路と盛土の間には、黒い大型土のうが並べられている。

また、8月21日に運転再開した里見~上総中野では、9月10日に土砂災害がまたも発生。その復旧工事のようすも公開された。

<鉄道チャンネル 関連記事>
◆小湊鉄道線 里見―上総中野8/21運転再開、馬立―上総牛久は10月中旬復旧めざす(鉄道チャンネル)
https://tetsudo-ch.com/11718926.html
◆JR東日本キハ40気動車がこんどは関西第三セクターへ、千葉ローカル私鉄では定期運用に(鉄道チャンネル)
https://tetsudo-ch.com/11610326.html

画像:小湊鐵道
記事:鉄道チャンネル(https://tetsudo-ch.com/


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです