SLやまぐち号けん引機 D51形200蒸気機関車 炭水車台車亀裂、検査修繕を終えて10/23運行開始

2021.10.20


(画像:/記事:鉄道チャンネル https://tetsudo-ch.com/)

JR西日本は、ことし7月29日に発覚した、SLやまぐち号けん引機 D51形200蒸気機関車につく炭水車台車の亀裂・キズについて詳細を伝えた。

炭水車とは、蒸気機関車が使用する石炭や水を積載した車両。機関士・機関助士らが乗務する運転室カマの後ろについている。

発生日時は7月29日15時30分ごろ、発生場所は京都鉄道博物館に隣接する車両の検査・修繕を担当する、梅小路運転区構内。

梅小路運転区の検査係員が、D51形200蒸気機関車の定期検査中(2020年12月28日〜2021年9月30日)に発見した。

亀裂は、長さ60mm・深さ15mm。キズは長さ70mm・深さ6mmと、長さ65mm・深さ5mm。亀裂・キズの原因は、現在調査中という。

SLやまぐち号 けん引機 D51 200 は、検査・修繕を完了し、10月23日〜12月19日に運行する。

「例年であれば11月までの運転ですが、ことしは冬景色の12月の運転もお楽しみいただけますので、秋冬のおでかけには、ぜひSLやまぐち号にご乗車ください」(JR西日本)

<鉄道チャンネル 関連記事>
◆JR西日本 新型電気式気動車 DEC700形 の所属先、転車台が2つあった新山口支所_跡地に KDDI 維新ホール 6/26グランドオープン(鉄道チャンネル)
https://tetsudo-ch.com/11566949.html

画像:JR西日本
記事:鉄道チャンネル(https://tetsudo-ch.com/


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです