新京成電鉄「80000形」新造車両を1編成導入、11/2営業開始

2021.11.02

新京成電鉄は「80000形」新造車両1編成を新たに導入し、2021年11月2日より、新京成線の松戸駅~京成津田沼駅間で営業運転を開始する。

「80000形」は京成グループ標準車両として「受け継ぐ伝統と新たな価値の創造」をコンセプトに設計された車両。1次車は2019年12月に導入された。

京成電鉄と組んで開発した共通設計モデルであることから、基本的な構造は京成3100形とほぼ同じ。実用本位を基本としつつ、丸みを帯びた形状にやさしいピンクのラインを配色し、新京成らしさを押し出している。

同社がこれまで積極的に採用し続けた先進的な技術を核とし、更なる安全性、快適性、バリアフリー技術の向上につながる最新の省エネ機器を導入。2次車も1次車同様「安全・快適で環境にやさしい車両」になる。

写真:新京成電鉄
記事:鉄道チャンネル(https://tetsudo-ch.com/

<鉄道チャンネル 関連記事>
新京成電鉄 80000形の新型車両搬入ルートが地味にすごい
https://tetsudo-ch.com/11902036.html


LINEで送る

オススメ記事