駅からシェアサイクルのトレンド、相鉄線 駅敷地内にダイチャリ 12/18から

2021.12.15

都心でもいよいよ「駅からシェアサイクル」が普及する気配。

相鉄グループの相模鉄道とシナネンモビリティPLUSは、12月18日からシェアサイクルサービス「ダイチャリ」の駐輪場を相鉄線 上星川・西谷・三ツ境・瀬谷の4駅に設置。相模鉄道としては初のシェアサイクルサービス導入に。

「ダイチャリ」は、Open Street が提供するシェアサイクルプラットフォーム「HELLO CYCLING」を活用し、自転車の検索、予約から料金の支払いまでをスマートフォンのみで完結できるため、使いたいときにすぐに利用できる。

「駅からシェアサイクル」の体験レポートはまた別で。

このダイチャリを利用するには、「HELLO CYCLING」アプリのダウンロードと会員登録(無料)が必要。

利用料金は15分あたり70円で、アプリを通じたキャッシュレス決済で、駅からピッとやるだけで乗り出せる。

支払い方法は、PayPay残高支払い、各種クレジットカード(VISA、MasterCard、JCB、American Express、Diners Club)、各種キャリア決済(ドコモ払い、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い)、Yahoo!ウォレット決済、HELLOカード(HELLO CYCLINGが発行する1日乗車専用カード)、HELLOマイル(HELLO CYCLINGが発行する電子マネー)。

また、自転車の返却は、借りたステーション(駐輪場)以外でも「HELLO CYCLING」のロゴがあるステーションであれば、どこでも返却OK。自転車は電動アシストつきで、丘陵地でも楽に移動できる。

今回は、相鉄線 上星川・西谷・三ツ境・瀬谷の4駅にダイチャリが入ったことを記念し、2回分(1回15分以内)無料で利用できるコードをステーションなどで告知中。気になる人はチェックしてみて。


LINEで送る

オススメ記事