奇跡の49歳 深津絵里と新幹線N700SのJR東海 新CMがちょっと泣ける!《60秒本編動画あり》

2022.01.17

いま朝の顔、NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」に2代目ヒロイン雉真るいを演じる「奇跡の49歳」深津絵里が、こんどはJR東海の伝統CM、『会うって、特別だったんだ。』に出演! 1月16日から全国オンエアが始まった。

今回の新CMは、大阪出張からの帰り、東京行き新幹線に乗り込む深津絵里のシーンからスタート。

座席に着くとコーヒーをひと口飲み、窓の外を見ながらその日のできごとを思い返す。

取引先と対面での打ち合わせ。見本素材などを見ながら、深津絵里は身振り手振りでプレゼン。

打ち合わせが終わり、ビルの1階で別れの挨拶を交わす一同。深津絵里は駅に向かって歩き始めるも、急に振り返ると……。

―――そのあとにちょっとウルッとくるワンシーンは、実際に新CMをみてチェックしてみて↑↑↑

「会いたいのに、会えない」 会うことの価値をもう一度見つめ直したい

今回の新CMについて、JR東海は「出張や帰省、旅行……東海道新幹線は、皆様の「出会い」とともにありました。しかし、新型コロナウイルス感染症の影響で世の中は一変しました」と前置きし、こうメッセージを伝えている。

―――「会いたいのに、会えない」という日々を経験するなかで、会うことの価値をもう一度見つめ直したい。

今回のCMキャンペーンはそんな想いから始まりました。主演には「クリスマス・エクスプレス」シリーズに出演した深津絵里さんを起用。

「クリスマス・エクスプレス」シリーズは「東海道新幹線は人と人を結びつけるもの」というメッセージを込めて1988年からスタート。

深津さんを起用した第1作は「会うのが、いちばん。」というキャッチコピーで展開し、多くの反響をいただきました。

あれから33年。時代は変わり技術は進歩を遂げても、人と人の「会いたい」という気持ちはきっと変わりません。

新型コロナウイルス感染症に気をつけながら過ごす日々が続きますが、会いたい人に安心して会いに行けるその日に向けて、東海道新幹線はこれからも皆様の「会う」を支え続けてまいります。

またCM内の楽曲として、odolが「会うって、特別だったんだ。」をテーマにした新曲『望み』を書き下ろしました―――。(JR東海)


LINEで送る

オススメ記事