京葉線 幕張豊砂駅 開業を見据えた自動運転バス実証実験、埼玉工業大学の生きた教材が千葉を走る

2022.01.17

京葉線 新習志野~海浜幕張の間にできる新駅 幕張豊砂と、海辺の温泉施設 JFA夢フィールド幕張温泉「湯楽の里」を結ぶ想定で走る自動運転バス実証実験が、1月15・16日に行われた。

同実験は、千葉市が公募した千葉市未来技術等社会実装促進事業の自動運転車社会実装サポート事業のひとつ。京成バス、損害保険ジャパン、アイサンテクノロジー、建設技術研究所、埼玉工業大学の5者が担う。

この実験では、JR京葉線 幕張豊砂駅が2023年に開業するのを見据え、地域住民の生活に必要な旅客輸送の確保、都市の回遊性向上や街全体の賑わい創出に向けた、自動運転技術による移動サービス実装の可能性を検証する。

イオン・球場・温泉を結ぶ路線をイメージ

京成バスは自動運転ドライバー手配・行政機関との調整・実証全体総括を、損保ジャパンが自動運転リスクアセスメントを、アイサンテクノロジーが自動運転用3次元地図作成・自動運転走行支援を、建設技術研究所がアンケート調査の計画・実施・結果集計・ニーズや社会的受容性の分析・自動運転サービスの検証を、埼玉工業大学は自動運転車両提供・チューニング支援・ドライバートレーニング対応を担う。

千葉市の神谷俊一市長は、「幕張新都心は、イオンモール幕張新都心、ZOZOマリンスタジアム、JFA夢フィールド幕張温泉『湯楽の里』と、それぞれに距離があって回遊性に課題があった。そこをこうした自動運転バスで各所が結ばれると、都市の利便性や回遊性も上がると期待している。鉄道とこうした新たなモビリティを組み合わせながら最適な交通体系をつくっていければと思っている」と語り、こう期待を込めた。

「幕張新都心は道幅の広さや平坦さ、右左折ポイントが複数ある、一定の交通量もあることから、自動運転実証実験の場として適しているという評価も受けた。千葉市としてもできるかぎり協力していきたい」


LINEで送る

オススメ記事