JR山手線で自動運転試験 2月中旬~下旬、日中帯に実施

2022.02.10

JR東日本は2022年2月10日、営業時間帯の山手線で自動運転導入に向けた試験を行うと発表した。

試験日程は2022年2月中旬から下旬にかけての5日間。E235系を使用し、加速・惰行・減速などの自動運転に必要な運転機能や、乗り心地、省エネ性能などを確認する。

JR東日本は2018年度から終電後の時間帯に自動運転に導入に向けた試験を行っており、運転機能・車両制御・将来の運行管理連携を意識した試験で一定の成果を得ることが出来たという。

同社は今後も自動運転の導入に向けた技術開発を進め、2025~2030年頃に山手線などへのATO導入を目指す。


LINEで送る

オススメ記事