Creema でそろう! 暮らしに溶け込むフェーズフリー防災アイテム2000点のなかからスタイリッシュ3品を紹介 !

2022.03.10

東日本大震災が起きた3月11日は「防災意識を育てる日」「おくる防災の日(防災用品を贈る日)」。

あらためべ防災を考えるこの日に、スタイリッシュで普段使いにもおしゃれな、フェーズフリー(日常も非常時もいつでも)防災アイテムを探してみたい―――。

そんなニーズに応えるのが、日本最大級のハンドメイドマーケットプレイス Creema(クリーマ)。

Creema(クリーマ)では、2000点以上の防災アイテムが出品され、販売数もこの3年で3倍に。年々関心が高まっている。

東日本大震災が起きた3月11日は「防災意識を育てる日」「おくる防災の日(防災用品を贈る日)」。この日に備蓄品の点検をする人が増え、Creemaでの防災関連品の販売数は、毎年2〜3月が年間を通して最も高く、他の月に比べて2倍以上増加している。

そんないま、注目されているアイテムが、普段の生活にも使えるようなデザイン性に優れたもの。

コロナ禍でお家時間が増えたいまだからこそ、暮らしになじんで“もしも”の時にも役立つ防災アイテムなら、日ごろから備えることができるはず。

そこで今回、Creema で見つかる、暮らしに溶け込むスタイリッシュな防災アイテムの一部をここで紹介↓↓↓

大切な人へのお守り!メガネ素材でできた防災用・防犯用の笛&アクセサリー

クリエイター「plusjack」
作品名「お守りホイッスル」
¥4,180
普段はネックレス、災害時にはホイッスル(笛)になるアイテム。いざというときのために肌身離さず持てる。救助犬にも聞こえる高音域の音にこだわり、もしもの災害に備えるメガネ素材で作った笛のアクセサリー。
https://www.creema.jp/item/7035929/detail

まるで本物のチョコレート!?災害時に役立つスイーツな時計

クリエイター「佐藤工芸」
作品名「もしもクロック」
¥12,650
もしもクロックは、東日本大震災を機に日常的に目にする時計の中に非常食(チョコレートなど)を忍ばせておくことで、日頃忘れがちになってしまう「備える事の大切さ」をさりげなく想起させようと考えられた時計。
https://www.creema.jp/item/9607423/detail

オシャレをしながら防災できる!持ち手が6mのロープになるトートバッグ

クリエイター「7eme ciel」
作品名「izatoki トートバッグ」
¥6,500
災害にあったとき、なにか困ったことがあったときに対応できるバッグ。バッグのロープには災害時のロープとして最適なキャンプやパラシュートで使われるパラコードのロープを使用。持ち手のロープをほどくと6mの長さになる。
https://www.creema.jp/item/13338316/detail

―――これらは、Creemaで人気の暮らしに溶け込むフェーズフリーな防災アイテムのほんの一例。

クリーマでは、いつもそばに置いておける、普段使いしたくなるような素敵なデザインの防災アイテムを数多くラインナップしているから、気になる人は公式サイトをチェックしてみて↓↓↓
https://www.creema.jp/feature/1519