鎌倉車両センター所属 青いE235系のあわせ技、横浜発 新潟行きのグリーン車

2022.03.16

総武線・横須賀線を担う鎌倉車両センター所属 E235系 1000番台に押し出されるかたちで、E217系が長野総合車両センターへと廃車回送されている。

3月初旬にも、JR東日本 長岡車両センター所属 EF64 電気機関車に引かれて、長野総合車両センターへと運ばれた。

E217系を押し出す側の E235系 1000番台も、総合車両製作所 横浜事業所・新津事業所の両拠点から続々と出てきている。

山手線用も含むE235系シリーズは、普通車が総合車両製作所 新津事業所(新潟県)で、総武線・横須賀線用のグリーン車は総合車両製作所 横浜事業所(神奈川県)でつくられる。

横須賀線むけ基本11両編成は、1~3号車と6~11号車の普通車9両は新津で、4・5号車のグリーン車2両は横浜でつくられることから、両拠点で同じタイミングでつくって連結させることに。

どこであわせるかというと、所属先の鎌倉車両センターで連結するかと思いきや、新潟の総合車両製作所 新津事業所。

だから、E235系1000番台のグリーン車が横浜からいったん新潟へ運ばれるシーンがみられる。

◆首都圏縦断直通列車は距離短縮、ローカル地区は短編成化_需要にあわせた更新
https://tetsudo-ch.com/12057056.html

◆グリーン車のトイレと洗面所が故障中のE231系K07編成に乗って
https://tetsudo-ch.com/12010234.html

◆拝島駅1番ホームを35m東京方へ延伸、線路配線も変更しホームを拡幅_中央線グリーン車2両増結対応
https://tetsudo-ch.com/11769209.html


LINEで送る

オススメ記事