JR西日本、京阪神エリアの「特定区間運賃」を一部見直し 2023年春

2022.03.30

JR西日本は来年2023年4月1日(土)購入分より京阪神エリアの特定区間運賃を一部見直す。

大手私鉄のひしめく近畿地方は、俗に「私鉄王国」とも呼ばれる。旧国鉄は私鉄との運賃差を抑えるため、京阪神エリアに割安な特定区間運賃を設定しており、JR西日本もこれを引き継いだ。

これまでは消費税改定を除き運賃改定を実施することなく続けてきたが、新型コロナウイルス禍や市場環境の変化を踏まえ、届け出ている315区間のうち34区間で普通運賃と通勤定期運賃を、65区間で6カ月通勤定期運賃を見直す。通学定期運賃はどの区間も据え置く。

改定案では、普通運賃を見直す34区間で10円~40円程度の値上げする。たとえば大阪~神戸間の運賃は現行410円のところ、改定案では450円。6カ月定期は60,180円から69,210円に値上げされる。詳細は決まり次第発表される。


LINEで送る

オススメ記事