「EF66 27」定期運用終了記念、アサミズカンパニーからアクリルウォールクロックが登場

2022.06.22

「EF66 27」は国鉄時代に開発された直流電気機関車EF66形の最後の0番台。東海道線などで活躍し、ファンからは「ニーナ」という愛称でも呼ばれる。2022年3月に定期運用を終了した。

アサミズカンパニーはこの「EF66 27」のアクリルウォールクロックを、数量限定500個で予約販売する。価格は4950円(税込)、アサミズカンパニー楽天店で22日から受け付ける。

アクリルウォールクロックには走行期間の1973~2022年の西暦もデザインされた。サイズは縦約26センチ×横約26センチ×厚み約2ミリ。

<鉄道チャンネル 関連記事>
「EF66 27」報道公開 0番台最後の生き残りとして注目集めた直流電気機関車
https://tetsudo-ch.com/12422617.html


LINEで送る

オススメ記事