ひし形で平面交差して線路の並び位置を純粋に左右入れ替える美、この夏みに行ってみたい鉄道ビュースポット

2022.07.01

ごくふつうの使い慣れた単線や複線の線路で通勤や通学をしていると、この線路の造形美には、吸い込まれていくチカラがあるというか、ずっとながめていたい気分―――。

夏休みはどこへ列車で出かけようかといろいろめぐらしてる人は、この画像にも引き込まれるかも。

ここは山形新幹線・奥羽線と仙山線が分岐・合流する羽前千歳駅のホーム南端からみえる光景。

2本の線路の先で、きれいに寄り添い、平面交差して線路の並び位置を純粋に左右入れ替えてる。

画面左から平面交差へと行く線路が、幅1067mm狭軌の在来線で仙山線、平面交差して画面右へとのびる線路が、幅1435mm標準軌の山形新幹線・奥羽線。

この投稿は、みんなが Twitter や LINE に投稿した鉄道の話題でトークし、飯テロやガジェット系トレンド、経済ニュースなどまで脱線する、投稿バラエティLINE LIVE「しゃべ鉄気分」過去配信回で出てきたトピックス。

ここを行くミニ新幹線電車や在来線電車を、ぼーっとみつめる鉄道旅時間、なんて最高なんだ。

―――鉄道チャンネル LINE LIVE 公式チャンネルは、配信後から2日間はアーカイブを公開中。気になる人は「鉄道チャンネル LINE LIVE」で検索!

また、同じ内容を鉄道チャンネル公式YouTubeチャンネルでも配信中。アーカイブ配信もあり。こちらもチャンネル登録してチェックしてみて。

Twitter投稿の場合は「#しゃべ鉄」をつけて投稿を。初めての人もお気軽に投稿バラエティLINE LIVE「しゃべ鉄気分」へ参加してみて!

来週も、水曜日18時から配信。お楽しみに!


LINEで送る

オススメ記事