都営新宿線・浅草線車両にも「子育て応援スペース」設置へ 8/30から順次運行開始

2022.08.29

都営新宿線を中心に活躍する10-300形(写真:tarousite / PIXTA)

都営大江戸線では2022年現在、「子育て応援スペース」を設置した車両が13編成運転されています。これは小さなお子さま連れの利用者にも気兼ねなく乗車してもらうための試みとして、2019(令和元)年7月から始まったものです。

東京都交通局は2022年8月29日、あす8月30日より都営新宿線で、9月8日より浅草線で、「子育て応援スペース設置車両」の運行を開始すると発表しました。相互直通運転を行う京王電鉄、京浜急行電鉄、京成電鉄、北総鉄道、芝山鉄道にも乗り入れます。

導入編成数は、2022(令和4)年度末までで新宿線が6編成、浅草線が8編成。「子育て応援スペース」の設置場所は新宿線が10両編成の4号車・7号車フリースペース、浅草線は8両編成の3号車・6号車のフリースペースとなります。

「子育て応援スペース」設置個所(画像:東京都交通局)

「子育て応援スペース」設置車両の運行時刻は、乗車当日に東京都交通局のホームページで確認出来ます。

<鉄道チャンネル 関連記事>
東京都交通局 10-300形 が2022年度末までに10両化達成! 都営新宿線がすべて10両に
https://tetsudo-ch.com/11988118.html

※都営新宿線は2022年8月に全て10両編成となりました。


LINEで送る

オススメ記事