気仙沼線BRTで「自動運転バス」12月運転開始 バスのデザインも新しく

2022.09.06

BRT専用大型自動運転バスの新デザイン(イメージ)

JR東日本は2022年12月5日(月)より、気仙沼線BRT柳津駅~陸前横山駅間(専用道、4.8キロ)で自動運転バスの運行を開始します。

同社が2018年度より行ってきた、BRTでの自動運転の各種試験で、安全・安定輸送に関する十分な試験実績が確認されたことから、最高速度時速60キロでの実用化に踏み切るかたちです。

<運転時刻>
柳津発(気仙沼方面): 11:47、17:27
陸前横山発(柳津方面): 11:07、15:57
※2022年9月時点

自動運転区間ではドライバーが乗務し安全確認を行いますが、強風、豪雨、濃霧、積雪などで手動運転に切り替えることも。なお、バスの都合により柳津駅~陸前横山駅間でも自動運転バスで運行しない場合があります。

実用化に際し、BRT専用大型自動運転バスは「先進性」「親しみやすさ」をコンセプトに新デザインへ。水色、白色、茶系黄色の三色のドットカラーは、それぞれ「三陸の海」「海のきらめき」「沿線の土地や人々」を表現しており、大きさの異なるドットの組み合わせで地域や人々のつながりを表します。

実用化に先立つ12月1日~4日には、試乗会も行われる予定です。

(画像:JR東日本)


LINEで送る

オススメ記事