西九州新幹線まもなく開業!サイドストーリーで売り方、乗り方を考える JR九州が目指すはリピーター確保【コラム】

2022.09.18

西九州新幹線の報道試乗会には海外メディアも参加。快適な乗り心地とともに、木材を多用した座席などに高い関心を寄せていました(写真:鉄道チャンネル編集部)

西九州新幹線が2022年9月23日、いよいよ開業します。佐賀・長崎エリアの交通や観光に新風を吹き込むN700S「かもめ」の快適性は、本サイトでもしっかりとレポートされた通りです。

新しい新幹線が、開業効果を全面的に発揮するには、JR九州が沿線や地域の魅力を日本全国ばかりでなく世界に発信して、「新しい新幹線は、何かおもしろそうだ」の思いを社会全体に共有してもらうことでしょう。本コラムは「西九州新幹線どう売る」「西九州新幹線どう乗る」を2つのキーワードに、新幹線のサイドストーリーとして、JR九州の戦略、鉄道ファン目線でみた佐賀・長崎の鉄道の魅力をまとめました。

北陸新幹線の金沢延伸開業時、利用客は3倍増

前例で思い浮かぶのが、2015年3月の北陸新幹線金沢延伸開業。開業1年目の新幹線利用客は926万人で、在来線特急時代の前年の314万人に比べ3倍弱に増加しました(JR西日本の発表をもとにした日本政策投資銀行北陸支店のレポートから)。

「新幹線が開業すると、その効果で来訪客が増える」は、半ば常識化しています。しかし、コロナで訪日インバウンドはリスタート(再起動)状態、日本人の観光需要も回復道半ばという現状を考えれば、開業効果をマックスに高める戦略が求められます。

JR九州の古宮洋二社長も、2022年9月9日の東京会見で、「開業効果を最大化したい。観光で西九州を訪問する交流人口を増やし、1回だけでなく、リピーターになってもらう仕掛けを地域と一緒に実践したい」と発言しています。

温泉、史跡は強力な集客ツールですが……

西九州新幹線の沿線には何がある? 温泉のほか、新大村駅は大村藩城下町、諫早駅は諫早公園眼鏡橋、県都・長崎駅は出島やグラバー園などがヒットしました。

確かに、「新幹線が開業したら佐賀・長崎に行ってみよう」と考える方も多いでしょう。でもリピーターになってくれるかを考えると、もう一工夫が必要と思えます。

次ページ嬉野茶の地域振興プロジェクトや雲仙の在来種野菜直売所運営者にAWARD表彰


LINEで送る

オススメ記事