上田電鉄の千曲川橋梁を渡る記念列車(写真:鉄道チャンネル、2021年3月の全線復旧セレモニーで撮影)

JRグループの全国ダイヤ改正があった2024年3月16日、筆者は北陸新幹線に乗車していました。目的地は延伸開業した福井、敦賀……ではなく長野県上田市。人口約16万人の東信(東信濃)の中心都市で、鉄道は北陸新幹線、しなの鉄道、上田電鉄の3線が走ります。

上田市で3月16、17の両日開かれた「人と環境にやさしい交通をめざす全国大会in上田」。沿線人口減少などで岐路に立たされる、地方鉄道・バスの再生を考える市民フォーラムで、200人以上が参加しました。本コラムは大会での発表や乗車ルポから上田電鉄の現状を考え、将来を展望します。

5年ぶりで実開催

「人と環境にやさしい交通をめざす全国大会」とは行政、鉄道会社、研究者、一般市民、鉄道ファンなどが一つのテーブルで話し合う市民会議です。2005年に宇都宮で初開催、その後2~3年ごとに京都、横浜、岡山など、主に地方都市を巡回しながら回を重ねてきました。

ADVERTISEMENT

全国大会最大の成果は「宇都宮ライトレール(宇都宮LRT)」。地元でも必要、不要に割れていたLRTを「必要」の方向に収束し、2023年8月の開業につなげました。

大会は今回が11回目。本サイトでも紹介させていただいた前回、2021年の滋賀はリモートで、実開催は2019年の前橋以来5年ぶりになります。

533日ぶりの全線復旧

上田駅で発車を持つ1000系電車。元東急電鉄の1000系で、写真は上田市の日本遺産の雨乞いの儀式をモチーフにしたラッピング車「れいんどりーむ号」(筆者撮影)

まずは上田電鉄のプロフィール。上田電鉄別所線は上田~別所温泉間11.6キロ。開業は戦前の1921年です(全通は1924年)。運行会社は上田温泉電軌から上田丸子電鉄、上田交通などと変わり、2005年から現在の上田電鉄に。上田丸子電鉄時代の1958年、東急グループに入りました。

最近、最大の危機は2019年10月の台風19号による千曲川橋りょうの落橋。上田~城下間、全長224メートルの千曲川橋りょうは通称「赤い鉄橋」。まぎれもない別所線のシンボルでした。

全国大会のパネルディスカッションに登壇した長野県知事の阿部守一さん、上田市長の土屋陽一さんの話によると、一時は鉄道廃止も検討されたそうです(フラットな立場の大会の趣旨にあわせ、本コラムは「さん」付けで紹介します)。

パネルディスカッションで発言する阿部長野県知事(中央)と土屋上田市長(右端)(筆者撮影)

しかし、国(国土交通省)との協議で、いわゆる上下分離方式での復旧を決定。再建された鉄橋は上田市が保有、橋りょうの再建工事も上田市が主体になることで、国の支援が受けられるようになりました。2023年7月に全線復旧した、熊本県の南阿蘇鉄道でも取られた公的支援による災害復旧のスキームです。

2021年3月28日、533日ぶりで「赤い鉄橋」に列車が走りました。

【関連リンク】