JR九州新型車両「821系」「YC1系」【柏原美紀の鉄道リポート】

2018.10.10

本日私は、JR九州の新型車両「821系」と「YC1系」の報道公開に来ております。

この2車種の開発コンセプトは、「やさしくて力持ちの鉄道車両」です。

まず「821系近郊型交流電車」は、フルSiCを搭載し、消費電力量の約70パーセント(415系比較)を低減。CI(主変換装置)やSIV(補助電源装置)による安全、安定輸送の確保。車内もお客様サービスを充実させています。

そして「YC1系蓄電池搭載型ディーゼルエレクトリック車両」は、蓄電池の活用で、燃料消費量約20パーセント(キハ66・67気動車比較)を低減し、効率的な走行性能も実現。

こちらの車内はお客様サービスはもちろん、バリアフリーの考慮もしています。

九州を明るく照らす次世代の車両が、街中を駆け抜ける日が楽しみですね。

TAGS JR九州 新型車両 動画ニュース 柏原美紀


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです