JR北海道は17日、新たな観光列車により沿線とともに北海道を活性化する「スタートレイン計画」をスタートさせると発表しました。

リゾート列車や、各種SL、トロッコ列車など様々な観光を運行してきたJR北海道ですが、車両の老朽化によりすでに廃車となった車両もあり、今後も継続的に運行できる車両は少なくなっています。

そこで、「車両・運行体系・サービスなど全く新しい観光列車」を運行する計画が始動。

ADVERTISEMENT

「『豪華』で『上質』なサービスを楽しんでいただけるよう、クルーズトレインとしても運行可能な新たな観光列車『赤い星』編成と『青い星』編成を製作します」(JR北海道)

車両のエクステリアは、JR九州のD&S列車などこれまで多数の観光列車を手掛けてきたインダストリアルデザイナーの水戸岡鋭治さん(ドーンデザイン研究所)が担当。

「赤い星」は北海道開拓使のシンボル「赤星」をイメージした車両で、新たな旅の開拓という使命を有しています。一方の「青い星」は「ラベンダー」や「青い池」をイメージ、沿線を楽しんでもらう車両とします。

車両はキハ143形一般形気動車を改造、グレード差を設けた2編成(4両編成)とし、車両の仕様はJR北海道と水戸岡鋭治さんが共同で検討します。

両編成とも「豪華」「上質」といったコンセプトや木材の使用、展望室に大開口の窓を設けるなどの仕様は共通。

「赤い星」は全席をラグジュアリークラス(豪華)とし、定員100名程度、個室やセミコンパートメント、ボックス席など様々な座席種別を設置するほか、ラウンジや茶室、展望室などを設けます。

「青い星」はプレミアムクラス(上質)。プレミアムクラスの座席、設備を予定しており、定員は200名程度。全車に展望室、荷棚、大型荷物置場を設置します。

車両改造費は約18億円、運行開始時期は2026(令和8)年春から。「赤い星」編成は主に釧網線、「青い星」編成は主に富良野線での運行を予定していますが、北海道を周遊するクルーズトレインとしての活用も検討するということです。

※画像:JR北海道