山陽電鉄 3000系「Lust Run」ヘッドマーク掲出

2017.05.17

新型車両6000系 導入進む

山陽電鉄では2016年(平成28年)4月から新型車両6000系3両2編成の営業運転を開始しました。今年の4月にも3両3編成が導入され合計で五編成の6000系車両が運行されています。

3000系 引退進む

山陽電鉄3000系は1964年(昭和39年)から導入が始まった通勤型電車です。1985年(昭和60年)までに133両が製造されました。3000系電車は2004年からリニューアルが施されていますが流石に誕生から50年以上が経過したために順次新型の6000系に置き換えられて引退してゆく予定です。

「Lust Run」ヘッドマーク掲出

山陽電鉄では50年以上活躍した3000系の引退を進めつつも、山陽電鉄利用者にその感謝の気持ちを表す目的で「Lust Run」ヘッドマークを本日5月17日(水)から今月末まで掲出します。


※いずれも取り付ける先頭車番です

「私鉄の103系」と言われた3000系も徐々に去ってゆくのですね。

※画像は山陽電鉄リリースより・他


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです