京阪 座席指定「プレミアムカー」に3000系 登場

2018.11.09

昼間時の全ての特急列車に

京阪は、2017年8月から8000系車両に座席指定特別車両「プレミアムカー」を導入していますが、2020年度、新たに3000系車両にも「プレミアムカー」を導入すると発表しました。

新たに 3000 系用の「プレミアムカー」6 両を新造して 6 号車に組み入れてサービスを開始します。3000 系プレミアムカーでは、8000 系プレミアムカーとの調和をとりつつも、3000 系車両「コンフォ ート・サルーン」の基本色である「紺・白・銀」の組み合わせを活かしたデザインを考案。「紺(エレ ガント・ブルー)」を基調に、特別車両のエントランスとしての存在感をより際立たせる「金」を扉 周りに配します。

サービス開始は、2020年度中に6編成の予定。座席は、通常車両の45席に対して、40席(2列+1列)になります。扉も通常の両開き3扉に対し両開き1扉。8000系プレミアムカーが既存車両の改造であったのに対し3000系プレミアムカーは新造になります。

詳しくはプレミアムカー専用サイトをご覧ください。

【参考】3000系車両
中之島線開業のシンボルかつ次世代のイメージリーダーとして2008年に新造されました。10000 系車両をベースに改良を加えたアルミ合金製3扉の車両で、座席配置を2列+1列の自動転換クロスシートを含むセミクロスシートとすることでラッシュ時など様々な列車運用への対応を可能としています。2009年にローレル賞とグッドデザイン賞を受賞しました。

TAGS


LINEで送る

オススメ記事