新たに生まれ変わる渋谷駅直結・直上の新ランドマーク 2019年「秋」開業

2018.11.15

新たに生まれ変わる渋谷駅直結・直上の新ランドマーク 2019年秋 開業

100年に一度と言われる再開発で、新たに生まれ変わる渋谷駅直結・直上の新ランドマーク「渋谷スクランブルスクエア第Ⅰ期(東棟)」の開業が2019年「秋」と発表された。
施設は、渋谷エリアでは最も高い地上47階建てで、展望施設、産業交流施設、商業施設、オフィスにより構成されている。

事業主体は、渋谷スクランブルスクエア、東急電鉄、JR東日本、東京メトロ。

地上約230m・360°パノラマビューを誇る展望施設や産業交流施設

14階・45階~屋上の展望施設の名称は、「SHIBUYA SKY(渋谷スカイ)」と決定。
日本最大級の屋上空間・渋谷最高峰の地上約230メートルを誇るとともに、渋谷の中心に位置し、スクランブル交差点や、富士山、東京スカイツリーRなどを一望できる360°パノラマビューを実現する。
また、デジタルテクノロジーを演出に用い、体験型展望空間を展開予定。

15階の産業交流施設の名称は、「SHIBUYA QWS(渋谷キューズ)」。
コミュニティコンセプトを「Scramble Society(スクランブル ソサエティ)」とし、多様な人たちが交差・交流し、社会価値につながる種をうみだす未来共創施設。
200名規模のイベントを受け入れ可能なイベントスペースをはじめとする、4つの要素からなる共創空間を備え、「問い」を起点とした独自プログラムと、東京大学など大学との連携により、新しい価値の創造、クリエイティブ人材の育成を目指す。

その他施設・コンセプトなど

地下2階~14階は、営業面積約32,000㎡の都市型商業施設。
この都市型商業施設のコンセプトは「ASOVIVA(アソビバ)」。
常に変化を感じることができるポップアップスペースを複数設けるなど、時代の最旬を求めて渋谷に集まる遊び心いっぱいの人々を、いつでも“VIVA”なキモチにさせる施設へ。

17階~45階は、賃貸面積約73,000㎡、基準階面積は最大約2,900㎡(約870坪)のハイグレードオフィス。

 

渋谷スクランブルスクエアの開業に伴い、渋谷駅や歩行者デッキなどの各階をエレベーターやエスカレーターによって結び、地下やデッキから地上に人々を誘導。
すり鉢地形である渋谷の縦移動の拠点とし、街の回遊性を高める。

コンセプトは「混じり合い、生み出され、世界へ」。
世界中に知られる日本を代表する名所、渋谷のスクランブル交差点に面する新たな「SQUARE(街区/広場)」として、渋谷の中心からムーブメントを発信し、新たな文化を生み出すステージとなることを目指す。

TAGS JR東日本 東急 東京メトロ


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです