JR東北線 黒磯駅構内にトリックアートが出現「まるで蝶になった気分」

2017.11.27

栃木県那須塩原市。JR東北線の列車が行き交う黒磯駅に、トリックアートが出現した。

11月26日に同駅構内に現れたトリックアートの名は「蝶になりました」。

「蝶が描かれた中心部分に背中を当ててみて。まるで蝶になって高原を羽ばたけそうな気分。作品といっしょに写真を撮れば、あなただけの新しい作品が完成」

仕掛けたのは、栃木県那須町でトリックアートや直営美術館を手がけるエス・デー。那須とりっくあーとぴあや、東京トリックアート迷宮館、横浜トリックアートクルーズなども運営している。

JR黒磯駅の工藤駅長は、「JR6社による『本物の栃木 ディスティネーションキャンペーン(栃木DC)』開催に向けて、那須エリアの魅力を発信していきたい」とコメント。

那須エリアの旅の途中、黒磯駅で蝶になってみて。


LINEで送る

オススメ記事