竜宮城がリニューアル! 小田急片瀬江ノ島駅 改良工事を実施

2017.12.13

片瀬江ノ島駅は1929年(昭和4年)建設 88歳です

改良工事は、竜宮城の雰囲気は残したままに竜宮造りという神社仏閣建築の技法を採用します。より本格的な竜宮城に生まれ変わります。同時にコンコース面積が25%広くなり、人気の高い観光地の駅として多客時の利用者流動がスムーズになります。トイレも男女とも個室が増設され、多目的トイレも男女それぞれに設置されます。さらに女性用にはパウダーコーナーが新設されます。ホーム上の屋根も新しい駅舎と連動したデザインになり、採光を考慮してホームが明るくなります。

駅舎改良工事は2018年2月に着工。2020年5月の竣工を予定しています。片瀬江ノ島駅の2016年度平均乗降客数は21、440人でした。眼の前の江の島は東京からも近い人気の観光地です。ヨットハーバーもあります。


LINEで送る

オススメ記事