北海道&東日本パスの旅(函館本線、函館~長万部)

2016.01.18

北海道&東日本パスとは

・JR北海道線・JR東日本線・青い森鉄道線・IGRいわて銀河鉄道線・北越急行線・富士急行線(JRバス除く)が連続する7日間乗り放題のお得なきっぷ(販売期間、利用期間あり)

・1枚10290円。JR北海道、東日本の主な駅のみどりの窓口などで購入できる
JR北海道HPより)

2015/12/28 乗車

夜の函館駅に到着。

駅前は建設中の建物が並んでいて、夜はちょっと怖い感じ…。
駅やホテルには、外国からの観光客と思われる人たちがたくさん。
フロントには3~4ヵ国語のガイドマップが並ぶ。

始発から移動。年末の帰省シーズンですが、さすがに人は少ない。

海沿いギリギリを進んでいきます。
海も空もおおきくて、朝日に染まってきれい。

貨物列車!

森駅でしばし停車。跨線橋からの眺め、進行方向側(西側)。

こちらは反対側(東側)。

いかめしが食べたかったけど、さすがに早すぎました。そして寒すぎる。

発車してすぐ、また貨物列車とすれ違う。
雪煙がごうごうと音を立てていく感じ、北国だなあ。

長万部に到着。

構内の跨線橋

それから歩いて少し奥へ入ったところにも
大きな跨線橋があります。年季が入ってますね。

外の跨線橋から右に左に眺めていたら特急が入線。

橋を渡った先には、長万部町が管理する郷土資料館・鉄道村がある。

年末年始は閉館しているが、偶然居合わせた職員さんが少しだけならと開錠してくれた。

国鉄職員や鉄道ファンからの寄贈品がずらりと並ぶ。

タブレットから制服からプレート、構内のポスターに車体正面の灯まで。かなりの種類が揃い展示されていた。

お昼ご飯は有名な「かにめし」。
贅沢にいただいて、札幌をめざす。

TAGS JR北海道


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです