JR東日本 五輪にあわせ 駅を改良【鉄道ニュース546】

2016.06.10

JR東日本は、2020年の頭強オリンピックに合わせ、メイン会場となる新国立競技場­に近い千駄ヶ谷駅・信濃町駅、国立代々木競技場に近い原宿駅の改良計画がまとまったと­発表しました。
信濃町駅はエレベーターの増設、千駄ヶ谷駅は1964年の東京オリンピックの際に作っ­た臨時ホームの活用、原宿駅は、初詣の際に使われる臨時ホームの活用と、駅舎の建て替­えが行われる予定です。


LINEで送る

オススメ記事