ハッキリ言って体調の限界【私鉄に乗ろう86】秋田内陸縦貫鉄道again その18

2019.07.03

※2017年1月撮影

雪目になりそうな眩しい世界を真っ直ぐに、コトコトと進みます。

八津駅から4.0km、西明寺駅。

駅名標。平均乗車人員は少し増えて、9人/日(2016年)旧角館線の駅では最も周辺に民家が多い様です。と言っても圧倒的に農地ですが。

見事に農地の中を進みます。陽射しはありますが、行く方の上空は明るくないのが気になります。と言っても角館駅に着いたら、本日は秋田駅まで移動するダケですから空模様は気にしなくても良いのです。

3.0kmで羽後太田駅。

終点角館駅のひと駅手前ですが、駅周辺に人家は多くはありません。

駅名標。平均乗車人員も1人/日(2016年)と淋しい数字。角館も近いので自動車移動が多いのでしょうか。

まだまだ農地と低い山があります。

ちょっと放心、実際に気合いを振り絞って前面展望を撮っていましたが、おそらく、この時インフルエンザで熱が出ていた様です。この後、秋田駅で市販の風邪薬を購入して服用しましたが、写真を撮っていてもフラフラしてカナリ辛かったのです。

気が付いたらJR田沢湖線と並走してました。田沢湖線は秋田ミニ新幹線も走っているので標準軌です。

終点の角館駅が見えてきました。羽後太田駅から4.3km。鷹巣駅からは94.2km(実乗車時間は2時間16分)をコトコトと旅してきました。阿仁合駅からは82分。

ハッキリ言って体調の限界でした。【私鉄に乗ろう86】秋田内陸縦貫鉄道again その19 でこの旅も終了します。

(写真・記事/住田至朗)


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです