貨物列車、400本以上が運休

2018.07.10

JR貨物は、豪雨の影響による運転見合わせ区間、貨物列車運転中止区間など、7月9日15時時点の情報を公表した。

◆列車の運転を見合わせているおもな区間

山陽線 上郡(兵庫県)~瀬戸(岡山県)、笠岡(岡山県)~海田市(広島県)、岩国~徳山(山口県)

予讃線 多度津(香川県)~伊予北条(愛媛県)

伯備線 倉敷(岡山県)~上石見(鳥取県)

◆貨物列車運転中止区間

姫路貨物(兵庫県)~新南陽(山口県)

岡山貨物ターミナル(岡山県)~伯耆大山(鳥取県)

岡山貨物ターミナル~東水島(岡山県内)

岡山(岡山県)~高松貨物ターミナル(香川県)

高松貨物ターミナル(香川県)~松山(愛媛県)

◆7月9日8:00までの貨物列車の運転状況

東海道・山陽線を走行する列車を中心に434本の貨物列車が運休

◆貨物の受付状況

山陽線 姫路貨物駅(兵庫県)~新南陽駅(山口県)を通過する貨物は、7月8日15:15以降、受付停止中


LINEで送る

オススメ記事