国土交通省など、人工衛星を活用した列車位置検知などを検討

2019.02.18

国土交通省は、学識経験者、鉄道事業者、関係団体、研究機関らとともに、鉄道における準天頂衛星等活用を検討していく。

宇宙基本計画(平成28年4月1日閣議決定)等を受け、国内の測位、通信等のための宇宙システムが強化されてきた。

昨年11月に運用が開始された準天頂衛星「みちびき」は、官民の大臣会合が設置され、さまざまな分野で同衛星による高精度測位等の利活用の促進にむけて検討されている。

鉄道分野では、同技術を活用し、走行する列車の位置を精度高く検知できることから、「これまで用いてきた列車位置を検知するための地上設備の省力化・効率化」「接近する走行列車の位置を踏まえた保守作業の安全性の向上」などが期待できる。

<テクノロジー関連記事>
https://goo.gl/t2j8bL


LINEで送る

オススメ記事