青春18きっぷの旅(鉄道チャンネル版 豚鉄篇⑨)

2016.08.04

休日と言いましたが終日横になっているわけではありません。

ちょっとゆっくりですが、9:13に大分駅を出発して佐伯に向かいます。

朝の大分駅。立派な綺麗な駅です。

ホームで発車を待っていると色々な特急が発着しています。
image
image

9:13発の佐伯行が来ました。JR九州の815電車2両編成です。
image

動き出しました。ワンマン運転ですが、何故かスリーメン。
image

本日は大分〜佐伯間の移動だけなので、青春18きっぷは使いません。
image

佐志生で列車交換。
image

駅名標、ちょっと不思議な名前です。
image

佐志生駅は山の中にあります。静かです。鳥が啼いています。山麓に港町があるそうですが、海の気配を感じません。
image

特急列車がすれ違って行きます。JR九州783系電車です。
image

熊崎でも列車交換。
image

この駅名も不思議な感じです。
image

ここでも787系特急列車とすれ違い。
image

これはどちらかと言うと難読駅名ですね。
image

10:38 佐伯に着きました。
image
image

跨線橋は青く塗られ魚の飾りが並んでいます。
image

こんな飾りです。
image

駅を出ます。駅舎出入り口の所に動輪がありました。珍しくはないのですが、下の線路に注目。
image

1952の年号らしき文字は読めますが、横にかいてあるのが読めません。
image

大きな駅舎です。
image

物凄く暑いのですが、フェリー乗り場まで歩いて行きます。途中でこんな彫刻を発見。
image

紫色の花。名前がわかりません。
image

フェリー乗り場に到着。「ニューあしずり」に乗ります。
image

12時出港。
image

港の中で小さなフェリーとすれ違います。
image

ドックに大きな船が入っています。
image

小島。
image

スリットが入っています。
image

潜水艦が浮上したのかと思いました。どうやら岩礁の上に標識灯の様なものがある様です。
image

宿毛に近づくと雲行きが怪しくなってきました。
image

どうやら雨が降っている様です。
image

この直後、滝の様な雨が落ちてきました。予定より少し遅れて15:15 宿毛に着きました。フェリーの扉が開きます。
image
image

下船したら雨は上がっていました。フェリーは両側の扉が開いています。
image

宿毛の町を歩いてホテルに向かいます。この古い醤油屋さん、風情があります。
image

今日は静かな宿毛でゆっくりして、明日は5:35発の列車で中村に向かいます。阿波池田から徳島、南海フェリーで和歌山市に渡り、南海加太線に乗ります。


LINEで送る

オススメ記事