元号をつなぐ貸切列車の旅――近鉄発表

2019.04.10

平成最後の日の入りと令和最初の日の出を鑑賞――

近鉄は4月10日、貸切列車の車内で新元号「令和」を迎えるツアー「ありがとう平成 よろしく令和 元号をつなぐ貸切列車の旅」を実施すると発表しました。

あべのハルカスの展望台「ハルカス300」で平成最後となる日の入りを鑑賞後、貸切列車で鳥羽に移動。移動途中の宇治山田駅(伊勢神宮の最寄り駅)で新元号「令和」を迎え、鳥羽湾で遊覧船上から令和最初の日の出を鑑賞する、という行程になります。

実施日は4月30日、募集期間は実施日の4日前まで。旅行代金は近鉄名古屋駅からおとなお一人様12,500円、大阪上本町駅から9,420円。名古屋と大阪で出発場所・集合時刻が異なります。詳細およびお申し込みは下記ニュースリリースをご確認ください。

【詳細】
近畿日本鉄道ニュースリリース(外部サイト)
元号をつなぐ貸切列車の旅を実施します(PDF)

TAGS 近鉄


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです