JR貨物は今年度、関東と関西を結ぶ貨物列車を九州まで延伸させる。

需要の強い九州むけの輸送力増強、関西~九州間の輸送力設定による利便性向上などが目的。

主要区間は東京貨物ターミナル~吹田貨タ~神戸貨タ~福岡貨タの間。

ADVERTISEMENT

東京貨物タを深夜に出発する九州行きの輸送力を増強。吹田貨タ・神戸貨タ~福岡貨タの輸送力も設定し、関西~九州間のニーズにも対応させる。

また、定温輸送ニーズへの対応や、活魚輸送などの新しい取組みの拡充、共同輸送の提案、コーディネートなども推進させる構え。