川崎重工と高崎製紙へむかった廃線跡、東北線 岡本駅から

2019.05.25

東北線のターミナル、宇都宮からひとつ先にある岡本。

きのうの出張帰り、岡本駅前でむだに時間を過ごした。

電車が1時間に2本しかないってことで、駅前の鉄板焼き屋でビールをやったことはこのあと記すとして、岡本駅から分岐していた川崎重工・高崎製紙 連絡線 引き込み線について。

東北線 岡本駅をGoogleマップでみてみて。駅の北側で、緑色の線がみえるでしょ。

これがかつての川崎重工・高崎製紙 引き込み線。

現在のジェイ・バス宇都宮工場東側、そしてさらにその先、王子マテリア日光工場と続く緑色の線は「ふれあい通り」という名の遊歩道になってる。

ここに線路が敷かれてた。

ジェイ・バス宇都宮工場は、もともと川崎重工の鉄道貨車部門の製造拠点だった。

ここから、新車の貨車や、検査が必要な貨車が出入りしていたとか。

―――岡本駅。なーんにもないところだけど、降り立ったら、きれいなカーブを描く川崎重工・高崎製紙 引き込み線の跡を、探してみて。

<関連タグ>
小学生の作文
https://tetsudo-ch.com/tag/gag

TAGS ビール 見たまま/日々のログ/暮らしのメモ


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです