首都圏の普通列車グリーン車の車内販売で交通系電子マネーが使えるようになります

2019.05.28

JR東日本と株式会社日本レストランエンタプライズは、5月29日(火)から順次、首都圏の普通列車グリーン車全線の車内販売において、汎用スマートフォンを活用したSuica等交通系電子マネー決済サービスを導入します。

これまで首都圏の普通列車グリーン車ではビールなどのアルコール類、ソフトドリンクやおつまみ品などの販売は全て現金決済のみでした。

Suica等の交通系電子マネーを使った決済サービスは2018年2月より常磐線で先行導入していましたが、こちらが好評だったため首都圏の普通列車グリーン車全線に拡大するようです。

5月29日(水)から

横須賀線(湘南新宿ラインを除く)
総武快速線(総武本線・成田線・内房線・外房線直通含む)

6月5日(水)から

東海道線
宇都宮線
高崎線(上越線・両毛線直通含む)
湘南新宿ライン
上野東京ライン

TAGS JR東日本 Suica 交通系ICカード


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです