JR西日本などが小型電動車を使った実証実験へ、尾道でことし秋から

2019.07.11

広島県尾道市、JR西日本、瀬戸内ブランドコーポレーション、電脳交通、備三タクシー、本四バス開発などによる「グリーンスローモビリティを核とした環境配慮型モビリティ連携による次世代観光まちづくり」が、環境省の「2019年度IoT活用したグリーンスローモビリティの効果的導入実証事業」に採択された。

この「グリーンスローモビリティを核とした環境配慮型モビリティ連携による次世代観光まちづくり」は、観光客の周遊や高齢者生活上移動手段として、市街地などで環境に配慮した新たな交通手段であるグリーンスローモビリティを運行。

グリーンスローモビリティとは、時速20キロメートル未満で公道を走ることが可能な、4人乗り以上の電動車両。車両は、ゴルフ場などを走る電動カートにちかいイメージ。

5者は、ことし秋ごろから実証事業開始する予定。

<写真/関連記事>
急坂の街 京急富岡駅前で始まったEVカート実証実験_意外と豪快でクイックな動き【動画】
https://tetsudo-ch.com/2059992.html
 

TAGS JR西日本 テクノロジー/新技術/新開発 大学/研究/アカデミック/学校 国交省 環境省


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです