「SoundUD」を用いた音のユニバーサルデザイン化支援システム「おもてなしガイド」 今日8/26から一部除く東急線全駅・全列車に順次導入

2019.08.26

利用イメージ 画像:東急電鉄

東急電鉄は2020年の東京オリンピック・パラリンピックなどに向けて、今後増加する訪日外国人が安全・安心・快適に東急線を利用出来るよう、本日8月26日(月)から東急線全駅(世田谷線・こどもの国線を除く)・東急線内の全列車に「おもてなしガイド」を順次導入します。

【関連記事】
特急列車等の朝ラッシュ混雑緩和なるか 普通列車利用者に”非可聴音”でポイントを付与する「KQスタんぽ」 7月1日サービス開始
https://tetsudo-ch.com/8413010.html

「おもてなしガイド」はヤマハ株式会社が開発した音響通信技術「SoundUD」を用いた音のユニバーサルデザイン化支援システムのこと。「SoundUD音声トリガー」という音響通信音をスマートフォンやタブレットのマイクが受信することで通信が成り立つため、インターネットなどを介さずに情報を取得することが出来ます。

東急電鉄は駅係員・乗務員に配布しているタブレット端末に「おもてなしガイド」の放送用アプリをインストール。災害・輸送障害時の計画運休・間引き運転・折返し運転などに関する案内のほか、駆け込み乗車に対する注意喚起など、48種類のアナウンスを日英中韓の4言語で放送します。

方法としては、駅構内では駅の放送装置とタブレット端末を接続して構内放送を行い、列車内では車掌マイクを通じてタブレット端末から発せられる音声を放送します。

また、駅・列車でアナウンス音声とあわせて音声トリガーを流します。

利用者はスマートフォン・タブレットなどにインストールした「おもてなしガイド」アプリで音声トリガーを受信。放送内容を13言語(※)から選択しアプリ上に表示、文字情報で確認できるようになります。

※日本語、英語、中国語(簡/繁)、韓国語、フランス語、スペイン語、ドイツ語、タイ語、タガログ語、ベトナム語、マレー語、インドネシア語

東急電鉄はこれまでもテレビ電話通訳アプリ「SMILE CALL」を導入(2016年)するなど、訪日外国人に対するご案内の精度強化の取組みを行ってきましたが、今後も情報入手手段を多重化させるなど、安心・安全・快適に利用できる東急線の実現に向けて動きます。

鉄道チャンネル編集部

TAGS テクノロジー・新開発 東急


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです