相鉄バスと群馬大学、日本初 大型路線バスの営業運行で自動運転レベル2を実証実験

2019.08.27

日本初、路線バスの自動運転が、横浜で始まる―――。

相鉄バスと群馬大学は、「里山ガーデンフェスタ2019秋」開催期間の9月14日〜10月14日の各週金曜日~月曜日、大型路線バスを使用した自動運転レベル2を実証実験する。

大型路線バスの営業運行で自動運転の実証実験としては日本で初めて。里山ガーデン実行委員会より受託し、貸切営業として運行する。

走行スピードは20㎞/h。安全確保に支障をおよぼすおそれがある場合は手動運転に切り替える。

運行時間は10時台~16時台。1日16往復。初日はは14時台から運行開始。

コースは、よこはま動物園正門と里山ガーデン正面入口間の間、900m。運賃は無料。

車両は相鉄バス所有の自動運転システムつき大型ハイブリッドバス。定員は各25名。乗車は先着順。

鉄道チャンネル編集部

TAGS テクノロジー・新開発 学校・大学 バス 自動運転 セキュリティ・安全


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです