CEATEC 2019 あす10/15幕張メッセで開幕「Society 5.0の総合展」に787社らが出展

2019.10.14

最新テクノロジーを体感できる見本市、CEATEC 2019 があす10月15日から4日間、幕張メッセで開催される。

ことしのテーマは「つながる社会、共創する未来」。今回も IT・エレクトロニクスをはじめ、金融、旅行、玩具、住宅、工作機械、建築、通信、ヘルスケアなど、幅広い業種・産業の787社・団体が出店する。

ことしはCEATEC史上初がいろいろ。たとえば、4日間をとおして行われる基調講演、学生むけ特別企画 学生交流ラウンジの設置、幕張新都心の公道で自動運転の実証実験など。

200を超える多彩なカンファレンスのなかでも、基調講演の「CEATEC KEYNOTE」「CEATEC SUMMIT」は、会期4日間にわたって連日開催。ANA、JTB、JapanTaxi などの単独講演をはじめ、5GやAIなどをテーマにしたパネルディスカッションも設定。注目のトップリーダーが続々と登壇する。

学生交流ラウンジでは、Meet-Upエリアやオープンステージ、展示エリアを設置。ソニー上田康弘 主席技監や、村田製作所 村田恒夫 代表取締役会長などが登壇し、学生たちと議論する時間も設ける。

また、CEATEC 20周年特別企画として、自律走行バス「NAVYA ARMA」の体験試乗や、企画展示「スマートライフ」を初めて展開。IoT、AI、ロボット技術なの進化で実現する Society 5.0 の世界観を体感できる。

CEATEC 2019 は、10月15~19日、幕張メッセ2~8ホール(海側の建物)などで、各日10~17時に開催。

ロゴ:CEATEC 2019
写真 記事:tokyochips編集部

こちらの記事もオススメです