いまの三角屋根の駅舎は東京オリンピック後に解体し再構築、新しい原宿駅は2020年3月21日から

2019.11.19

竹下通り、明治神宮、表参道、代々木公園―――全年代が行き交う東京名所、原宿。

原宿駅はいま、駅業務施設、コンビニエンスストア(1F)、カフェ(2F)が入る2層の新駅舎を建設中。この新駅舎は2020年3月21日から稼働することが決まった。

新しい原宿駅は、表参道方面と明治神宮方面にむいた出入口を設置。また24人乗りエレベーターを新ホームと各出入口に3基増設。

さらに現在の明治神宮寄りの臨時ホームを山手線外回り専用ホームとして更新する。

気になるのは現在の三角屋根の駅舎。この慣れ親しんだ駅舎は、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会終了後にいったん解体し、防火基準に適合した材料をつかって再構築。いまの駅舎デザインを再現する。

また原宿駅といえば、年末年始の臨時改札。2019~2020年の年末年始は、工事中のホームに仮設通路を設置し、降車専用として開放する。

新駅舎には明治神宮方面出入口が最初からあることから、この臨時改札はことしの年末年始で最後に。

臨時改札の開放時間は12月31日23:00~2020年1月1日17:00、1月2~5日10:00~17:00。

写真 記事:鉄道チャンネル編集部


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです