まさかのまた総持寺、産業道路の余韻も消える_京急6駅が3月に改称

2019.12.16

京浜急行電鉄(京急)は2020年3月14日、産業道路駅、花月園前駅、仲木戸駅、新逗子駅、羽田空港国際線ターミナル駅、羽田空港国内線ターミナル駅の名前を改める。

産業道路は大師橋、花月園前は花月総持寺、仲木戸は京急東神奈川、新逗子は逗子・葉山、羽田空港国際線ターミナルは羽田空港第3ターミナル、羽田空港国内線ターミナルは羽田空港第1・第2ターミナルに。

中黒「・」が2つ増え、総持寺がまたひとつ増えた格好。地下化された大師線では、産業道路の踏切といっしょに道路名も消える。その北側、多摩川に架かる大師橋から由来。

こうした駅名変更は、京急創立120周年記念事業の一環。沿線地域の活性化につなげることを目的に、町名、地域シンボル、利用者の利便性などを総合的に判断したという。また、空港まわりは、羽田空港国際線旅客ターミナル等の名称変更にあわせた変更。

写真 記事:鉄道チャンネル編集部


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです