東京―仙台 直通 長距離特急ひたち3/14大復活! 上下各3本、所要時間4時間半

2020.01.17

2011年、東日本大震災で分断された常磐線。9年間、不通区間だった富岡~浪江が、関係者の尽力で常磐線全線がいよいよ復旧。

品川・上野と仙台を結ぶ長距離特急 ひたち が3往復、大復活する。

運転時間は下り特急ひたちが、上野800発3号、品川1245発13号、品川1545発19号。上りが仙台1013発14号、1611発26号、1802発30号。

所要時間は4時間半。いわき〜仙台の途中停車駅は、広野、富岡、大野、双葉、浪江、原ノ町、相馬。上下とも最終便は亘理と岩沼にも停車する。

また、富岡~浪江で普通列車が11往復、運転が始まる。

今回の運転再開は、富岡町、大熊町、双葉町に設定された帰還困難区域の一部(特定復興再生拠点区域内の先行解除エリア)で、避難指示が解除される期日が決定したことから。

写真 文:鉄道チャンネル


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです